朝倉千恵子オフィシャルブログ

食べたことのない人に味を聞くな

昔、人生の大先輩が
私に語ってくれた言葉を
思い出しました。

「食べたことのない人に、なぜ味を聞く?

見たこともない人に何が語れる?

経験もしていないで
どこに説得力がある?

誰を信じるべきか
間違ってはならない

チャレンジして
痛い思いをしていない人に
何を語れる?

机上論なら
誰でも言える

食べる前に不味いと言うな
食べてから味を語ってほしい・・・」

あわせて
「部下は上司の気持ちは分からない

上司になって
初めて

あ、あの時の上司は
こんな思いだったのだと気づく

立場について
その位置にいて
初めて見える景色がある

経験もしないで
体験もなくて

人の意見に振り回されて
あっさり夢を捨てるな」

改めてその言葉の真意を考える

私は挑戦もしないで
諦める人生は嫌だ

人の意見に振り回されて
八方美人な私は
自分の思いを曲げた

それを後でとても悔いた

すべてが自己責任

相手に合わせて
好かれようとしていた自分

嫌われたくないと思う自己愛

もっともっと自身の成すべきことが

人に
世に
貢献できることはある

諦めるな
立ち向かえ

誰も自分の代わりには生きてくれない

周囲の無責任な言葉に反応して
簡単に夢を諦めるな

人生は終わってみないと分からない

今はプロセス

今が全てではない

起こってもいないことを考え
ビクビクするな

終わった過去を悔いて
いつまでもクヨクヨするな

確実なことは
今この瞬間を

いかに生きるかで
未来が変わると言うこと

 

今日の一言
『今の延長線上に未来がある。
自分の思い描いた未来を手に入れるために
今を懸命に生きる。』

-モノの見方考え方

セミナー開催情報