朝倉千恵子オフィシャルブログ

「チームビルディング」

本日は【女性経営者の為の話し方講座】
第3期のスタートの日

冒頭挨拶をさせていただき
少し見学をさせていただきました。

担当講師・松尾由紀子先生の
学びは深い

とっても気付きが多いのです。

あるセッションを通して
先生が語られていた言葉が
印象に残りました。

箇条書きで
引用掲載させて頂きます。

「チームビルディング」

最高のパフォーマをする!
そして、結果を出すこと

誰一人乗っかってはダメ

みんなが
リーダーシップを発揮する

尺度を一緒にする

会話だと曖昧だから同じゴールにはいけない

「ちょっと待ってください!」

のちょっとが30分の人もいれば
1分の人もいる

共通の尺度を持つ

情報を共有する

知っている
知らない
ではなく

みんなが知っている
状況を設定する

大きい
小さいでは漠然とし過ぎ

共通の尺度を
どれくらい
設定できるか

具体的であること
数字を入れること

その結果、絵が描けるか

結果を出すためには
細かい情報共有が必要

知っている
知らないことを
全部知っている
状態にする

その為に
固定概念を外す

思い込みを捨てる

判断する前の
データの情報に立ち返る

データの
意味付けをしない

データの状態で出す

情報共有はあえて
粗削りの状態で出す

固定概念
思い込み
からの脱却

共有しましょう。

自分の好きなことをしゃべっている
それでは相手に思いは伝わらない

相手に分かりやすく伝えたい

***************

受講生の真剣な姿勢
懸命に学ぼうとする様子

吸収するぞ!という意欲を
とっても感じました。

誰から学ぶか
誰と一緒に学ぶかも大事ですね。

何を語っているか以上に
誰がどのように語っているかの方に
焦点が当たる

どんなに良いことを言っていても
相手に伝わっていなければ意味がない

話し方の技術はとっても大事

立場が上にいけば行くほど
話し方の力が求められる

リーダーの説得力によって
チームのあり方も変わる

話すのが苦手だからと
逃げてはいられない

苦手だからこそ
努力すること

努力の積み重ねが
やがて苦手意識を克服する

得意と言えるものは
反復練習の結果

自らの力で得たもの

最初からうまい人などいない

プロになるための最大の条件は

努力と熱意と創意工夫

業界問わず
ここは同じでは?

 

今日の一言
『学ぼうとする姿勢がその先の未来を変える。
何かを始めるのに遅いことはない。
決めた瞬間から全てが始まる。』

 

-モノの見方考え方

セミナー開催情報