朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子LINEスタンプ発売開始

「ヒヤリ・ハット」

2017/08/13

 

「ヒヤリ・ハット」

この言葉を聞き、意味を調べました。

ヒヤリ・ハットとは、
重大な災害や事故には至らないものの、
直結してもおかしくない一歩手前の事例。

文字通り、突発的な事象やミスに
ヒヤリとしたり、ハッとしたりするもの。

重大な事故が発生した際には、
その前に多くのヒヤリ・ハットが潜んでいた、とされる。

ヒヤリ・ハットは
結果として事故に至らなかったものであるので、
直接の関係者は
「ああ良かった」と直ぐに忘れがちである。

そこで、職場や作業現場などでは、
あえて各個人が経験した
ヒヤリ・ハットの情報を公開させ、
蓄積、共有することで、
重大な労働災害の発生を未然に防止する活動が行われる。

************

とても大事なことです。

問題点が表に出たと言う事は
その他にももっともっと大きな
種火・表面化していない問題が潜んでいたことになる

表に出たのはごく一部で
実はもっと大事なことが埋もれている可能性がある

危機意識を持てと言っても
何か突発的な物事が生じない限り

通常はのんびり構えている
何か事が起こって急に慌てる
問題が生じて初めて焦る

しかし、それでは遅すぎる

問題点は、職場には山ほどある

理想の姿
あるべき姿から現状を引くと
問題点が出る

理想の姿
あるべき姿が高ければ高いほど

目指す目標
登る山が高ければ高いほど
現状とのギャップは大きい

それをクリアしてこそ
理想の場所に行ける

これくらい・・・
と思っている小さな事柄や
問題点を放置すると

やがて
想像をはるかに越える
大きな問題へと発展する

問題はすべて人が持ってくる

緊張感を持て

仕事に対する責任感を強化せよ

何かが起こってからでは遅い

問題が起こって反省するのは
誰でもできる

未然に防ぐためには
日常の在り方
問題意識・セルフイメージ
セルフコントロールが大事。

目の前の事柄を軽視してはならない
小さなミスを容認してはならない

小さいミスを放置すると
やがて大きなミスに発展する

こんなことを言うと嫌がられるだろうな
細かいと思われたくないな

という自己保身が
大きなミスの引き金になる

小さなミスを軽んじてはならない

そのミスを見逃すと
やがて大きなミスに繋がる

本来、ミスに大きい小さいはない

ミスはミス!!


今日の一言
『仕事に対する責任と責任感のレベルは個々に違う。
だからこそ共通言語・共通認識の高いレベルの共有が大事となる。』

 

-モノの見方考え方

セミナー開催情報
  • ■【毎月開催】TSL体験セミナーがリニューアルしました!


    凛と生きるための女性の働き方や、女性を育成する上でのポイントをお伝えします。
    TSLにご興味のある女性の方、また女性育成を考える企業の教育ご担当者様など男女ともに参加可能のセミナーです。

    ▶「朝倉千恵子の向き不向きより前向きセミナー」お申込みはこちらから
  • 人材育成のための情報交換会 人財セミナー
  • ■【東京・名古屋】
    朝倉千恵子の人財セミナーがリニューアル!


    これまで名古屋のみで開催してきた「朝倉千恵子の人財セミナー」が2017年リニューアルして、東京・名古屋の2都市開催となりました!
    経営者の方、人事教育担当者の方におすすめの、社員教育について考えるセミナーです。

    ▶人財育成のための情報交換会「人財セミナー」お申込みはこちらから
  • ■TSL塾生限定企画!
    「小さな成長・成功発表会」を月に1回開催します。


    TSLを卒業しても、塾生とのつながりを大事にしたいとの想いで企画いたしました。 大きな成功報告である必要は全くありません!人との比較ではなく自分自身の成長や学びをぜひシェアしてください。
    様々な期の塾生が集まる刺激たっぷりな懇談の場です(ランチ付き)

    ▶TSL塾生限定「小さな成長・成功発表会」お申込みはこちらから