朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子LINEスタンプ発売開始

現場での対話が持つ意味

2017/04/17

「権力」で命令しても
人は動かない

ボスマネジメントの時代は
(言葉選ばずに言いますが)
もう終わりました。

よほど魅力のある人であれば
別かもわかりませんが

「権力」で人を動かそうとしても
相手はついていかない

飛び抜けた実績や人としての魅力や
尊敬心を相手が持たない限り
ついてきてはくれません。

俺が若い頃は
俺がバリバリの営業だった頃は
俺の・・・

今は?

今はどうなのか?

今のあなたの姿は部下にどう写っているのか?

部下の善きモデルとなっているか?

権力だけで人を動かそうとする

その弊害は大きい
聞く耳を持たない管理者の行く末は?

もちろん例外はあります。

しかしながら
もうそんな時代ではありません。

社長室でふんぞり返っている
経営者の姿勢
が部下に与える影響は?

管理者が有言実行しないことを
部下は冷静に見ています。

そういう自分はどうか?
常に自らを振り返る姿勢を忘れません

もっともっとまだまだ
やらなくてはならないこと
改善しなければならないことはある

本来組織は指示・命令で動くもの

しかしながら
人格を否定するような暴言や
権限に驕りすぎていると
足元を救われる

厳しさと恐怖は違う

恐怖政治は続かない

抑圧があると
必ずいつか反発・暴動が起こる

時代は
歴史は嘘をつかない

過去を見ると
未来予測はある程度は出来る

しかしながら

ここからの未来は
我々が想像している以上に
ハイスピードで激変している

だからこそ
今何をすべきか

人としてもどうあるべきかを
真剣に考え行動するタイミングに来た

一昔までと
今は何が変わったのか?

ここを一番に分析すると分かりやすい

無くなるビジネス
淘汰されるビジネスがあるということは

生まれるビジネスがあるということ

私は昨日も色々考えた

あれこれ考えると
眠れなくなったが本音

未来を想像するとワクワクする

これからどうしても
チャレンジしたいことがある

実はそれは会社を立ち上げたときの
定款に全て記載されていた

改めて
会社を作ったときの原点を思い出した

現場での対話
部下との時間を大事にする

外に出てみないと見えないものがある

もっと
目利きを
感性を磨きたい

朝倉千恵子

今日の一言
『観察力や洞察力を身につける。
客観的に観る目線を忘れず。
決めつけない、とらわれない、こだわりすぎない柔軟性を持つこと。』

-モノの見方考え方

セミナー開催情報
  • ■毎年恒例!
    新年を楽しもう会を開催します!


    2018年、あなたはどんな1年にしたいですか?
    毎年恒例の新年を楽しもう会を今年も開催します。新年の抱負を皆さんと一緒に楽しく語り合いたいと思います。初めての方もお気軽にご参加くださいませ!

    ▶「新年を楽しもう会」お申込みはこちらから
  • ■朝倉千恵子の向き不向きより前向きセミナー


    凛と生きるための女性の働き方や、女性を育成する上でのポイントをお伝えします。
    TSLにご興味のある女性の方、また女性育成を考える企業の教育ご担当者様など男女ともに参加可能のセミナーです。

    ▶「朝倉千恵子の向き不向きより前向きセミナー」お申込みはこちらから