朝倉千恵子オフィシャルブログ

「私、パソコン苦手です」という人のためのZoom時代のリモート営業入門

「情報断食」ー情報をそぎ落とし、必要なものだけを取り入れる

私は、普段新聞は読みません。

 

毎日発行されるあの紙の束に、

膨大な量の情報が掲載されていることは

もちろん分かっています。

 

しかし、私は、

情報は自分から取りに行きたいと考えています。

 

人が書いた情報に振り回されて

行動を決めることに対して抵抗感があるのかもしれません。

 

とは言え、ひと昔前までは

新聞、テレビを熱心に誰よりも真剣に見るタイプでした。

 

 

先日、新たな学びがありました。

 

「情報断食」

 

テレビは見ない

スマホに依存しない

ネットサーフィンをしない

 

情報が溢れる現代において、

あえて情報をシャットダウンするというのです。

 

「情報断食 空っぽになるほどうまくいく生き方」

著:鈴木七沖氏 (きずな出版)

 

 

著者の鈴木七沖さんとは、

私が片岡鶴太郎さんの落語を聞きに行ったときに

偶然エレベーターでお会いしました。

 

それが最初のきっかけ

まさにそこからのご縁です。

 

情報断食

 

これまで、私が無意識でやってきたことが

この本には書いてありました。

 

頭の中が空っぽになると

それを埋めようとする力が働いて

必要な情報が向こうからやってくる

 

情報断食とは

そんな原理原則を活用した

思考のリセット法です。

 

人生の最後に人がどのように後悔するかを調べた

お医者さんから話を聞く機会があったそうです。

 

膨大な数の「後悔」は

大企業の重役から、一般家庭の主婦まで

立場は違えども、皆共通していると言います。

 

もっと健康に意識を向ければよかった

 

もっとゆったりと働けばよかった

 

もっと家族や友人と時間を過ごせばよかった

 

もっと自分らしく生きればよかった

 

もっと自分の言葉で話せばよかった

 

もっと自分の幸せを考えればよかった

 

誰かの言葉を自分の言葉として使い、
誰かの人生を自分の人生だと思い込み、
何年も何十年も過ごしてしまっている人が

実はほとんどだという事実。

 

私自身も、もともとは八方美人の性格です。

 

人の意見に振り回されたり、

嫌われたくないと思って

人になんとなく合わせてきたなと思うこともありました。

 

今回、この鈴木七沖さんの本を読ませていただきながら、

情報をあえて絶つことの意味を改めて考えました。

 

ファスティングすることで味覚が研ぎ澄まされるように、

情報をそぎ落とすことによって、感性が研ぎ澄まされます。

 

手放すからこそ入ってくる

アウトプットするからこそインプットされる

 

呼吸と同じで、

吐くからこそ入ってくる。

 

そうしたことは、私の体験でも

実際に起こっていました。

 

情報が溢れすぎているがゆえに、

自分自身でネガティブなものや不要なものをシャットアウトして

必要な情報を取り入れていく鍛錬や訓練も

重要なのではないかと思います。

 

先日、西田一見社長のセミナーで

「モチベーション診断テスト」を行いました。

 

私はなんと、

100点満点中、100点!

 

講師の方に聞いてみると、

このモチベーションテストで100点を取るひとは

まずいないのだそうです。

 

なぜ、私はそのテストで100点を取れたのか?

 

「新聞は読まない」にチェックを入れたからだと

確信しています。

 

人から与えられた情報に振り回されない。

 

無意識の意識がどれだけ重要なのか

直観力がいかに大切なのか

 

そんなことを改めて考える機会となりました。

 

非常に学びの多い本で、

折り目もこんなにたくさんつきました。

 

 

全部を引用したい!と思うくらいなのですが

そういう訳にもいかないので

「おわりに」にあった一文をご紹介します。

 

------------------------------

 

穏やかな心は、

この上なく美しい知恵の宝石です。

 

------------------------------

 

とてもきれいな言葉だな、と

胸が温かくなりました。

 

穏やかな心、静かな心を持つためには、

やっぱり情報に振り回されてはなりません。

 

情報断食=情報一切遮断すること

 

ではなく、

 

情報を削ぎ落すことで、

静かな心を持つことが大事だと

書かれていました。

 

ぜひ、読んでみてくださいね。

 

人生という道をいかに楽しむことができるのか

自分の人生をどのように歩むのか

 

生き方の本質に気づかせてくれる一冊です。

 

▶Amazonページへ

 

著者である鈴木七沖さんは

とっても素敵な方です。

 

機会があれば是非お逢いして欲しいです。

 

わたしが大好きな河村亜紀さんが

とっても信頼している方

 

好きな人が好いている人は

無条件好き‼︎

 

ですね。

 

さあ、

もう一度読み返そう‼︎

 

情報に振り回されず

自身の信念と覚悟を決めて己を鍛え続ける努力を

怠らず

 

日々精進あるのみ!

 

朝倉千恵子拝

 

 

-書物からの学び

セミナー開催情報