朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子のTSL「トップセールスレディ育成塾」

大きく羽ばたけ!〜TSL147期最終回に寄せて〜

今朝「トップセールスレディ育成塾」の塾生に送ったメッセージです。

ブログ読者の皆様にもシェアさせていただきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

親愛なる塾生の皆さま
おはようございます。朝倉千恵子です。

 

本日は「トップセールスレディ育成塾」第147期の最終回
塾生の皆様と大切な時間を、目一杯共有させて頂きます。

 

再びかえりくることのない
今日と言う大切な一日を
存分に、悔いなく過ごしましょう。

 

世の中は大きく変化しています。
特に今年は、音を立てながら時代が変わっていると感じます。

 

【グローバル化、多様化、IT化の巨大な波が押し寄せている。
大変、激変、急変が加速度的に強まり早まっている。

変化の中では企業も否応なしに3つに分かれる。

①変化についていけず、没落する、
②変化についていき辛うじて生き残る、
③変化を先取りして勝ち残る、の3種類である。

 

物事が大きく変わることを”大変“という、
企業も人も大変化しないと大変なことになる。
いまは、「大変」の時代である。】

 

(致知出版社 新将命 「上司と部下の教科書」はじめに・・・より。)

 

ビジネス成功の最大要因は人間関係にある。

 

ごまかしの利かない時代がやってきた。
正直者が馬鹿を見ない時代がやってきた。

 

誠実に生きることの真意
本当の意味がわかる時代の到来でもあると私は思います。

 

今のこの大きな変化の時代を不安がるか、
楽しむかは自らの心持ち次第である。

 

何よりも変化を楽しめるには
準備が必要である。

 

先を見るということ、先を見て決断することは
周囲の反対や不満の顔も見ることになる。

 

先は誰にも予測できない
先は確かにわからない

 

しかしながら、本能・直感的に
これまでと明かに違うことは肌で感じるはずである。

 

上司に対する愚痴や不平不満を言葉に出したり

態度に示したり・・・

 

一瞬それにより、気持ちは解消されたとしても
本質的な問題は何一つ解決できていない

 

始める前から無理だという
やりもしないで、うまくいかないという

 

評論する前に行動しろと言いたい

 

言葉では何とでも言える

実行することがいかに難しいか

 

「百の美辞麗句より、一つの行動」

 

行動してこそ見える世界がある。

 

本来上司と部下は、真の同志であることが理想である。

私はそう思っています。

 

上司は部下よりも完璧でなくてはならない。。。
と言う法則もない。

 

必ず何もかも部下よりも有能であることも必要ない。

 

しかしながら、
ここだけは「絶対!!」と言う筋の通った部分は必要であると
私は思います。

 

順応性も対応力も大事です。

 

部下は上司の所有物ではない。

 

しかしながら、部下に嫌われることを恐れ、
明確な意見を言わない、厳しいことを言えないでは
問題解決にはなりません。

 

一方、私の持論ではありますが、
部下は、上司以上に賢くなければならない

 

上司も完璧ではない。

 

その上司の良き補佐役ができるかどうかも
やはり大事ですね。

 

互いに協力し会える関係
何よりも相手を認め、尊重しているかどうか

 

相手の足りないところに目を向け
攻撃したり、相手をなじったところで
何もプラスはない。

 

【現代の経営こそ人間力が問われる時代になると私は確信している。
人間関係の中でダントツに重要なのは、上司と部下の関係である、
この基盤(プラットホーム)が脆弱では組織はガタガタと崩れる。

 

人間関係のベースには人間力がある。

 

今日のビジネスは、本物の人間力こそが勝敗の分かれ目となる。

 

・・・

 

上司と部下は、仕事を通して企業の成功と、
一人一人の幸せと自己実現を追求する最も重要なステイクホルダー
(利害関係者)であるし、共勝ち実現のための同志である。】

 

「上司と部下の教科書」より

 

令和元年10月25日に発行された新将命さんの新刊を
是非お読みくださいませ。

 

とっても共感できるメッセージが沢山あります。

 

・サラリーマンの幸せの80%以上は上司で決まる
・優れた上司は「優れた任せ人」である
・任せられないのは弱さ
・消えぬ部下への想い
・部下は上司のコンシェルジェ
・最大の愛は関心と言う形で表れる
・ダメな上司の8ヶ条
・部下にも必要なリーダーシップ
・「上司はお客様である」が部下の基本動作
・ひとつを疑われるとすべてを疑われる
・上司の視界で仕事をすれば世界が変わって見える
・社長の見ている世界を垣間見る
・チームとグループの違い
・他責のままでは解決策は見えない
・上司はいつも笑顔が基本
・上司は最後まで部下を見捨ててはならない
・サラリーマンは要らない、ビジネスマンになれ

 

私が一番好きなキャッチは、
「令和の働き方は朗働である」

 

うまい!!!と思いました。

 

仕事を楽しめているかどうか
ここはとっても大事ですね。

 

仕事観=人生観

仕事をいい加減にして人生が豊かになることはない。

 

チャレンジこそ人生
やらない後悔より、やった経験

 

私もいよいよ新しいチャレンジをします。
来週月曜にはスタートします。

 

現状維持は衰退への道

塾生の皆様
是非変化を恐れず、楽しみましょう。

 

人生はおひとりさま一回限り
目一杯楽しみましょう。

 

ここ最近、TSL塾生達が日本全国で集っています。

きっと、“この人とこの人は相性があるだろうな”
って思うと
気がつくと一緒に食事をしていたり、旅に出ていたり。。。

 

大人になっての心友って
やっぱりすごいことですよ。

 

そこには共通言語や素敵な意思の共鳴
世の中を良くしたいと言う崇高な志がありますね。

 

日本全国に2500名以上いるTSL塾生が
組織を変え、会社を変え、
やがて日本を、アジアを世界を変えて行きます。

 

ここ数ヶ月
阿部由里のFacebookに懐かしい思い出の写真や記事が掲載されています。

https://www.facebook.com/abe.yuri1

 

是非とも遡ってご覧くださいませ。

 

思い出はお金では変えませんね。

 

何万枚と言う写真を全て消さずに保管しているからこそ
お見せできるのです。

 

この写真保管の件も、実は沢山のエピソードがあります。
いつの日かお伝えできたらと思います。

 

時代の変化を楽しみましょう。

笑いましょう。

 

「朝倉さん、笑顔は最高の教養よ。
自然の笑顔なんてないの。
意識して練習してきたからこそ、自然の笑顔が作れるのよ」

 

と教えてくれた亡き心友を思い出します。

 

珍しく今日は雨
心も身体も浄化されるようですね。

 

TSL第147期の皆様
丸ビル研修会場でお待ちしています。

 

足元が滑りやすくなっています。
どうぞ、お気をつけてお越し下さいませ。

 

卒業生の皆様
本日最終回・卒業を迎える第147期生にエールをお願いします。

 

株式会社新規開拓 朝倉千恵子拝

 

-「トップセールスレディ育成塾」

セミナー開催情報