朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子新刊「仕事も人生もうまく行っている女性の考え方」

値引き交渉にどう答える!?フリーランスが、取引先に都合よく利用されないために[教えて!ちえこ先生!Vol.28]

こんにちは!

朝倉千恵子です。

 

本日の「教えて!ちえこ先生!」は

取引先に都合よく利用されているのでは!?

というフリーランスの方からのご相談です。

 

 

 

■本日の質問

 

フリーランスのイラストレーターをしています。
取引先との関係について相談があります。

 

ものすごく値切ろうとしたり
本来は有料の作業も無料でやってほしいと
頼んできたりする取引先が少なからずあります。

 

私がまだ駆け出しで、恥ずかしながら仕事も少なく、
断って仕事がなくなっては困るという思いがあり
こうした要望も受けてしまいます。

 

先日は
「今回無料で受けてくれたら、次回からも積極的に採用するから」と言われ、

泣く泣く受けました。

 

我ながら、都合よく利用されているだけなんじゃないだろうか
と思えてきます。

 

そんなときに朝倉さんの
「お金を追うな、仕事を追え」という言葉を見ました。

 

格安でも、無料でも仕事は受けたほうが良いのでしょうか?

 

(30代女性 れいこさん)

 

 

私は、中途半端な値引きをするくらいであれば

 

「今回は無料でご提供します。

 但し、次回からは定価でお求めください」

 

とハッキリ伝えます。

 

とはいえ、起業したばかりのころは

「無名の私に高い金額を払ってもらえないのではないか」

と安い価格で商品を提供してしまったことも

やっぱりありました。

 

スタッフへの支払いや会場費などを引くと

利益は全く出ませんでした。

 

値決めは経営です。

まずは、自分の定価をしっかりと決めましょう。

 

その上で、

YESならYES

NOならNOをハッキリ伝える努力も大切です。

 

以前の会社は、値引きは全くできませんでした。

お客様からの値切りはお断りしなければなりません。

 

このとき、お客様に不快な思いをさせずに

NOの意思を伝えようと、

私は、否定形ではなく肯定形を使うようにしました。

 

値引き交渉の断り方

 

語尾を肯定形にすることで、相手の受け取り方も変わります。

 

このようにNOの意思を伝える努力をすること

そして、

毎度のように値引きを要求してくる人が

本当に良いお客様なのかを今一度考えるということも

プロのフリーランスとして働いていく上では必要ではないでしょうか。

 

▶Youtubeで見る

https://youtu.be/n3i1vARToKA

 

れいこさん

いかがでしたか?

 

仕事の世界において遠慮は美徳に非ず・・・

 

自身の思いを明確に、相手に失礼のないように伝える技術も

身につけたいですね。

 

さて、「教えて!ちえこ先生!」は皆様からの質問を

大募集しております!

 

「朝倉に教えてほしいことがある!」という方は
下の質問フォームから必要事項を記入の上、
ご連絡をお願いします。

 

 

>質問受付フォームはこちら

 

 

※ご記入いただいた内容は、ブログや動画の中で公開いたしますので、
公開可能な範囲でのご記入をお願いします。

 

※ただいまたくさんの質問をいただいております。

すべてのご質問にお答えできるとは限りませんのでご了承をお願いいたします。

 

 

今日の一言

『値決めは経営。値引きで仕事をするのは弱い営業。

プロ意識を持って正々堂々とお客様に商品をPR、定価を提示できること。』

 

 

-教えて!ちえこ先生!

セミナー開催情報