朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子のTSL「トップセールスレディ育成塾」

感性やセンスを磨く方法は!?[教えて!ちえこ先生!Vol.25]

こんにちは!

朝倉千恵子です。

 

本日の「教えて!ちえこ先生!」は

感性を磨きたい

というご相談です。

 

 

 

■本日の質問

 

こんにちは。

 

私はデザインとは全く関係のない仕事をしているのですが、
最近、どんな仕事でも
デザインの感覚、芸術的センス、感性などがものをいうことがあるなと感じています。

 

恥ずかしながらこれまで全くそうしたものに興味が無かったため、
私にはそうした美的感覚とでもいうものが皆無です。

 

これからそうしたものを磨いていきたいと思っているのですが、
どのようなことを意識していけば良いでしょうか?

 

朝倉先生のブログに
「感性を磨く」ということが書いてあったのですが
朝倉先生は完成を磨くために具体的にどのようなことをされていますか?

 

(30代女性 ナッツさんより)

 

 

感性を磨く一番の方法は

比較を覚える

ことだと思います。

 

味覚も比較。

色々なものを味わってみたからこそ

何が美味しいのか分かるようになるものです。

 

センス、感性というものは

知識と違い、すぐに身に付くものではありません。

 

しかし学びを蓄積していくことで

必ずあとから役に立つときがきます。

 

かくいう私も、実は35歳のときに

「コピーライター養成学校」に通い、

自らのセンスの無さに落ち込んだ時期がありました。

 

6ヶ月間通っていたのですが、

なかなか良い評価をもらうことができずに

「私にはコピーライティングのセンスがないんだな」と感じていました。

 

しかし数年後、ある人に

「朝倉さんの本の中にはコピーライティングがたくさん出てくるね」

と言われたのです。

 

・向き不向きより前向き

・やらない後悔よりやった経験

・迷ったら困難な道を歩め

・IQ×愛嬌=最強!

 

こうした言葉は全てコピーライティングだと言われました。

 

「コピーライター養成学校」に通っていた当時は芽吹かなかったものの、

学びを蓄積してきたことで、自分でも気づかないうちに身に付いていたんだと

実感したエピソードです。

 

「感性を磨きたい!」

ナッツさんがそう思った今こそスタートです。

 

たくさんのものを見て、触れて

学びを蓄積していきましょう!

 

▶Youtubeで見る

https://youtu.be/o0AATmubOdA

 

いかがでしたか?

 

日常の何気ない生活の中にも楽しみを見出すことは

できます。

 

比較を覚えることは

違いを知る感覚です。

 

何事も

最初から上手い人などいませんね。

 

さて、「教えて!ちえこ先生!」は皆様からの質問を

大募集しております!

 

「朝倉に教えてほしいことがある!」という方は
下の質問フォームから必要事項を記入の上、
ご連絡をお願いします。

 

 

>質問受付フォームはこちら

 

 

※ご記入いただいた内容は、ブログや動画の中で公開いたしますので、
公開可能な範囲でのご記入をお願いします。

 

※ただいまたくさんの質問をいただいております。

すべてのご質問にお答えできるとは限りませんのでご了承をお願いいたします。

 

 

今日の一言

『好奇心を持ち自身の感性を磨く努力を怠らず。人生は一回一度だけ。

何事も最初から上手い人はいない、努力の成果はあとで証明できる。』

-モノの見方考え方

セミナー開催情報