朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子新刊「仕事も人生もうまく行っている女性の考え方」

ビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日200円しか使えなかったら?

社会貢献家・中谷 昌文さんの書籍を読ませていただきました。

 

『ビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日200円しか使えなかったら?』

 

 

 

新幹線での移動中に、

一気に読むことができました。

 

 

 

 

 

私が読ませて頂いてもっとも心に残った箇所を

引用させて頂きます。

 

・知恵と努力によって、資産も幸せも限りなく増やしていける

「どんなに貧しい生活をしていても、未来に望みはある」

 

・ペイ・フォワードの大事なポイントは

受けた音を直接その人に返すのではなく、

第三者に贈ることにあります。

 

ペイ・フォワードの精神こそが、世界平和への

「魔法のステッキ」

 

・絶対に無理だと思われていることでも

人々の為に勇気を持って取り組み、

努力を継続し、大勢の人の協力を受けて実現する姿勢は

現代の私たちも見習いたい

 

・歴史はひとりの力から作られる

 

・本当の「正義」とは、「献身」と「愛」

・人は相手から親切にされると、感謝したり、恩返しをしようとします。

 

・逆境は努力で乗り越える

 

・正しいことを行う時に人の噂は気にしない

 

・愚かな人は常に名誉と利益とに苦しむ

・名誉欲や金銭欲、独占欲こそが、人を苦しめる根源

 

・未来は「教育」によってつくられる。

 

本当にそうだなって思います。

 

人生は、たった一回一度だけ

全ての人に平等に与えられている時間をどのように過ごすかも

自分の選択なのです。

 

今回、この書籍にご縁を頂き思ったことは

やはり貢献と奉仕の心を忘れずということです。

 

年始に掲げたスローガンは「初志」

 

第二創業期を迎えて貢献・奉仕の心構えを持ち、

初志貫徹の意志を貫く

 

一人一人が潜在能力を発揮し、

一人一人が主体性を持って

責任ある行動・自立を促す組織形成をする。

 

それを今一度思い出しました。

 

よし!

今一度明確な目標を持って事に当たるぞ!と

思わせてくださる一冊です。

 

 

以下、Amazonの紹介文です。参考にしてくださいませ。

 

★「ビル・ゲイツの質問」から私たちが考えるべきことは何か★
ビル・ゲイツの質問「もしも1日200円しか使えなかったら」?は、
どこの国に住んでいる人でも、どんな境遇にある人でも、地球を救うために、

何かしらできることがあると教えてくれます。

それを知った上で、これからどう生きるかは、
問いかけられた一人ひとりが決めなければなりません。

 

★一人ひとりの想いや行動で、あなたも世界も変わる! ★
本書は「一人ひとりの行動があなたと世界を変える」ことをテーマにした、感動エピソード集。

「ビル・ゲイツの質問の答えは」
「天国にいる父に届いた手紙」
「すべてを与えたリンゴの木」など、
思わず人に話したくなるエピソードを77話収録しています。

 

★社会貢献家、中谷昌文が贈る、珠玉のエピソード集★
著者の中谷昌文氏は、NPO法人や一般社団法人を立ち上げ、
営利目的だけでなく「社会に貢献できるビジネスモデル」を国内外に発信している社会貢献家。
ランドセルを贈る運動を1999年から始め、
東京ディズニーリゾートに難病の子どもをお連れする活動を25年以上行っています。
ビル・ゲイツ氏からのディナーの誘いを断った人物としても知られています。
本書は、そんな幸せを広げる活動を続ける著者が、
珠玉のエピソードをまとめました。読んだ皆さんが全員、幸せになる本です。

 

【本書の構成】
☆プロローグ☆ ビル・ゲイツの幸せになる質問
☆第1章☆「小さな力」が世界を変える
☆第2章☆「見えない世界」を信じる
☆第3章☆「大きな愛」が人を幸せにする
☆第4章☆ 子どもは「未来への架け橋」
☆第5章☆ 人はどこまで「希望」を持てるのか<? br> ☆第6章☆ 幸せを呼ぶ「世界の名言」
☆第7章☆ あなたの「命」の使い方

 

こちらからご購入できます。

<<Amazonリンクはこちら>>

 

是非お読みいただければ幸いです。

 

中谷昌文さん

ありがとうございます。

 

 

今日の一言

『相手のことを思いやり、幸せの魔法をかける努力を。

一言添える思いやり・一声かける優しさを忘れず。』

-書物からの学び

セミナー開催情報