朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子新刊「仕事も人生もうまく行っている女性の考え方」

ショーバイ クエスト 大商神伝説 そして繁盛へ

原作 辻騎志さん、漫画 姫野よしかずさんの共著である

「ショーバイ クエスト 大商神伝説 そして繁盛へ」を

読ませていただきました。

 

 

 

原作の辻騎志さんは、

私どものパートナー講師です。

 

待望の書籍が誕生しました。

 

辻先生

おめでとうございます!!!

 

辻騎志先生の初対面の印象ですが

 

とにかく

頭が柔らかくて面白い。。。でした。

 

書籍が出来上がって読ませて頂いた際

やっぱり!!と思いました。

 

個性的な本が完成しました!

 

なにせ読みやすいです。

わかりやすいです。

内容が濃いです。

 

漫画を描かれている、姫野よしかずさんは

「ポケモン」や「ムシキング」などを描かれています。

 

え?

この絵はもしかして?

私も思いました。

 

本当に

わかりやすく、読みやすい

 

是非とも今回のこの本は

お子さんと一緒にお読みいただければ嬉しいです。

 

文字も大きい

漢字にもふりがながついています。

 

小学生でも読める本です。

もちろん社会人である方にもおすすめです。

 

 

以下、株式会社PHP研究所様からの紹介文です。

 

子どもたちに夢と希望と商売を! 

 

古今東西のビジネスマンが推奨する

松下幸之助の「商売」に対する理念や働くうえでの大切なこと、

経営や経済の仕組みなどを子どもたちだけでなく

親や大人も楽しみながら学べる漫画と読み物のハイブリット書籍。

 

子ども向けに株式投資などの金融系の本は多いが

基本的な「商売」や「ビジネスの社会的な役割」に関する本はほとんどありません。

ビジネスマンが子どもに読ませたい一冊です!

 

 

 ■あらすじ■

小学生の健斗が偶然手にしたゲームソフト「ショーバイ・クエスト」。

それはゲームの中で商売を営み、

成功させて商売王(ショーバイ・キング)を目指すというものだった。

ショーバイ・ゴットなる商売の神様の助言を得ながらゲームを進める。

主人公はやがてリアル世界でも商売の面白さに目覚め

実家が営むお店(お菓子屋)を手伝いながら働くうえでのマナーや大切なこと、

経営や経済の仕組みを学んでいく。

 

こちらからご購入いただけます。

https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-78854-8

 

ショーバイブルで

印象に残った言葉もたくさんありました。

 

商売は信用第一!

お客様との約束を守らなければならない。

 

大きな約束はもちろんのこと、

小さな約束を守ることが大事だ。

信用とはそうした小さな約束をコツコツためていくことで

積み上げられていく。

 

働き方は生き方である。

商売人である前に社会人として、

人間として信頼される生き方をしないといけない。

 

商品を売る前に自分を売るのだ。

安売りするのではなく、お客様を自分のファンにすることが大事。

 

商売は物やサービスを売るのではなく、

価値を売るのである。

お客様の困りごとを解決し、お客様に喜んで頂くことが

商売の目的なのである。

 

お客様が喜ぶような付加価値を付けて販売してこそ

商売の意味がある。

どんな付加価値を付けられるかが大事。

 

商売はお客様が求めていることを実現すること。

一見「無理だ」と思うことにチャレンジすることが大事だ。

それによって自分の実力も高まってくる。

苦難福門といって苦難は幸福へ入るための門なのだ。

それにきづくかどうかが大事。

 

人から信頼されるには

「良き生き方、働き方」をしていることが大事。

 

信頼されるにはどうあるべきかを以下の言葉で表現しています。

 

「シンライキング」になるために

と表現しています。

 

①約束を守る・ルールを守る

②謙虚な心で自分と違った意見もきちんと聴き、

 相手の立場も大切にする。

③勝ち負けではなくお互い協力しあいいかし合う。

 

最後のあとがきには

松下幸之助翁の商人道が書かれていました。

 

「商売の意義がわかる人」

「相手の心が読める人」

「人よりも、よけいに頭が下がる人」

 

社員稼業

凡事徹底

素直な心

 

大事にしたいですね。

 

私の両親は私が子供の頃からずっと

商売をしていました。

 

お好み屋さんからスタートして

焼き肉・スナック・スタンド・クラブ・バー

 

最後は和風スナックで終わりました。

 

この本の中に記載されていること

上記にある教えと同じことを

私も両親から学ばせて頂きました。

 

商売とはなにか

人としてどう生きるべきか

どうあるべきか

 

何を売るのか

 

両親からずっと耳にタコができるほど

言われてきたこと

 

その教えがこの本にはすべて網羅されていました。

 

辻先生

素敵な書籍を世に出してくださり、

ありがとうございます。

 

改めて大事なことを

振り返る機会となりました。

 

商売だけではなく

人としてのバイブルとして

活用頂きたい一冊です。

 

 

今日の一言

『世のため、人のため、お客様のために全力を尽くす。

世の人々に喜ばれ役に立つことによって商売は成り立つ。』

 

-書物からの学び

セミナー開催情報