朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子の日めくりカレンダー

時津洋さん

 

              画像引用:スポーツ報知

 

「朝倉先生、いらっしゃい!」

 

その日はお店の外で

お出迎えをしてくださった。

 

「早いですね。」

 

タイミングよく

開店と同時にお店に着いた。

 

そして

時津洋さんと短い会話をした。

 

 

会食メンバー全員が揃い、

何を食べても美味しい美味しい・・・と

話していた頃

 

時津洋さんがご挨拶に来てくださった。

 

毎回、お店に行くと

必ずご挨拶にきてくださる。

 

この日は特別に

多く時間を費やし、

たくさん話をしてくださった。

 

とっても穏やかないい表情をされていた。

 

「これでも現役の時より70kg

落としたんですよ。

 

ごゆっくり…」

と、他のテーブルにもご挨拶に回られていた。

 

時津洋さんは徳島県のご出身

 

私が鳴門わかめが大好きであることを

ご存知で

 

今回、私の大好きな茎わかめも

お出しくださった。

 

訃報が届いたのは

18日の早朝

 

元幕内・時津洋さん死去 49歳(スポーツ報知)

 

 

その知らせを私は会社に向かう途中に知った

 

え?!

 

うそ、

前日に私はお逢いして時津洋さんと沢山話した

 

そんなこと

信じられない

 

訃報を聞いた18日月曜日

その日の夜

私は時津洋さんのお店に予約を入れていた

 

あまりのショックで言葉がみつからなかった。

 

 

 

 

急遽、18日はお通夜に参列した。

 

49歳

 

余りにも突然

あまりにも若い

 

とってもお世話になった

一緒にちゃんこ時津洋さんで

食事をした人は皆リピーターになる。

 

それほど

神田のちゃんこ 時津洋のお店は

何を食べても美味しい

 

新川にお店があった時代に撮った写真

 

私の左隣にいる人は、板長(シェフの伊藤さん

もとフレンチ料理のシェフ)

 

新川時津洋時代の板長と一緒に写真も撮ってもらった。

 

 

このお店を紹介してくださったのは、

我が社の監査役の増田吉秀さん

 

18日

お通夜の後、献杯をした。

 

 

 

びっくりする程の量の黒豚塩ちゃんこ鍋

これで2人前

 

 

 

 

月末納会でもよくお店を活用させていただいた。

 

 

 

懐かしい一枚一枚の写真

 

 

 

 

 

 

 

正直今も信じられない。

 

2月13日私は

とっても多くの時間

立ち止まって話をしてくださった。

 

次の日の2月14日

急性心不全により突然お亡くなりになった。

 

そんなことってあっていいのか?

 

まだ信じられない

また

 

「先生、いらっしゃい!

いつもありがとうございます!」と

言ってくださる気がしてならない。

 

徳島でTSL塾生香西順子さんが企画してくださった

講演会にもご参加くださった。

 

大切なご友人の方をお誘いくださった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あったかい人だった

いつも変わらない表情で接してくださった。

 

現役時代より70kg

落としたと言っても

やっぱり大きい人だった

 

また逢いたい

また話がしたい

 

もっともっとお客様を紹介したい

 

もっともっと生きていて欲しかった

 

人の寿命はわからない

 

何があるか

この先もわからない

 

時津洋さんの分も生きていく

 

お店は必ずやっていると思い

18日のお通夜の後、立ち寄った。

 

店長の伊藤さんはじめ

スタッフの皆さんは

悲しみをこらえながらも

 

笑顔で迎えてくださった。

 

親方の意思を守りたい

お店は継続します

と伊藤さんがおっしゃった

 

是非とも行ってください。

 

味もサービスも何も変わらない

 

また行きたい。

 

もしもちゃんこ時津洋さんで

お逢いしたら

 

お声がけをお願いします。

一緒に献杯しましょう。

 

よろしくお願いします。

 

時津洋

http://tokitsunada.net/

 

時津洋さん

心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

朝倉千恵子拝

 

今日の一言

『一日一日を精一杯生きる。

悔いなく今を過ごす。』

 

 

-モノの見方考え方

セミナー開催情報