朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子新刊「仕事も人生もうまく行っている女性の考え方」

高野登さんとの出逢いから16年~世のため人の為に尽くすと決めた人の心意気はいい顔をつくる。~

 

出逢いの質が人生の質を決める。

 

何を持って出逢いの質と言えるのか?
その時は全くわからない

 

後になって
あ・あの時の出逢いのお陰で今があるんだなって
ある日気付く時があります。

 

高野登さんとのご縁もとっても
意味のあるご縁でした。

 

今から16年前・・・
帝国ホテルタワーに事務所を構えた頃

自由が丘で高野登さんを講師として招いた
勉強会が開催されました。

 

私は最後まで参加したかったのですが、
自身が講師を務める講演会があり、
途中中座

 

残念だなと思いながら、高野さんとお名刺交換をさせて頂きました。

 

その後、
自社主催の「経営者セミナー」を企画し、
メルマガでご案内メールをお送りしました。

 

そのメルマガをご覧くださり、
高野登さんが
なんと受講生として参加してくださったのです。

 

恵比寿の会議室で
少人数で開催された「経営者セミナー」

 

その際の高野登さんの受講姿勢も

懇親会での振る舞いも
とってもスマートで
本当に真摯な方だなって思いました。

 

あれから16年経った今でも
高野登さんは全く変わりません。

 

ご縁を頂いた当時は
リッツ・カールトンホテルにて日本初の支社長を
なさっていました。

 

一緒にお酒を飲む機会もあり、
その後その飲み会は「夢を語る会」に発展

 

気がつけば13年以上続いています。

 

「トップセールスレディ育成塾」第3期で
特別講師としてご登壇いただいたり、
企業研修講師を依頼したり。。。

 

六本木のミッドタウンにて
800名イベントを開催したり、

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年今年と特別講演会をお願いしたり・・・

 

 

 

その都度毎回快くお引き受けくださり
本当に心から感謝申し上げます。

 

高野さんのお陰で
SBC信越放送にてラジオ番組を持てました。

 

 

私の夢を叶えてくださった恩人
4年4ヶ月もラジオ番組を継続することができたことも
やっぱり奇跡です。

 

本当に本当に感謝しています。

 

2月9日に開催された高野登さんの当別講演会

 

ここで学ばせて頂いた事も書かせて頂きます。

 

「何が周りの人に良い影響を与えているのか?!

 

 

自分という存在は他の人にとって
環境そのもの

 

「環境整備」
ちらかっていたら福が逃げていく

 

飛行機に乗った時、
シートベルトを元に戻す人って
どれだけいるか?

 

使った後に元に戻す

 

後始末ができること
その人の将来が見える

 

新幹線のシートも飲み物も置きっ放し
元に戻さない」

 

たしかにいますね。

当たり前のことを当たり前にやっていない

 

むしろやっている人が稀かもしれません。

 

 

続いて

 

「 標準装備
自分にとっての標準って何?

 

何を標準にしているか
どこを当たり前にするか?

 

それにより、その人のスペックも決まる

 

みんながやらないことをやれば日本一!!

 

講演会も来なくても良い人が来る。

 

絶対来た方がいいよという人は来ない。

これは世の中の真理

 

(そういえば昔エステの法則を教わりまりました。

 

綺麗な人ほど綺麗になりたがる

素敵な人ほど素敵になるために努力をする

 

高野さんの言う通り

来なくていい人が自己啓発・能力開発セミナーに参加しているかも・・・)

 

「スペックの上げ方
自分自身の棚卸ししかない

 

リーダーとしてのあり方

 

働き方改革
これは
誰が一番喜んでいるのか?

 

高野さんが語られた
この仕事観の箇所はとっても納得できました。
(あえて記載しません)

 

崇高な行為
人に感謝し、成長する
その為に職場がある。

 

自分の人生のリーダーは自分自身

 

江戸時代・明治時代
人間性・学ぶ姿勢・この国この地域の将来のために学んだ

 

当たり前のようにやってきた
仕事ができて能力が高くて人間性が豊かで志がある

 

理想的なリーダー像ですね。

 

能力だけでも
人間性だけでも・・・

 

自分と周りを冷静に見ると見える

 

知識は過去である
智恵は未来を作る

 

知識のかたまり
信じられない知識量

 

しかしながら知識は過去のもの
知識は過去の事実の積み重ね

 

智恵は未来に通用するものを生み出していく力

 

知識量ではAIには敵わない

 

コンピュータは過去の実績
使い方を間違っている

 

ロボットとの共存

 

一面性で見るか
多面性で見るか

 

色んな視点で物事を見る
過去と未来
知識と智恵

 

自分の思考の棚卸し
その棚の中に何が入っているか

 

自分のスペック
どういう生き方をしてきたか」

 


経営者→思考力

 

経営者として自分が持っていなければならない
思考力

 

絶対に必要な2つ
一つは、事業構想力  …0から1を生み出す力
もう一つは、事業推進力…5→10に伸ばす力

 

(私はどっちのタイプだろう?

と振り返ってみた。

きっと0→1にする方かもしれない

 

とはいえこれまでの仕事では、

5→10にすることを任されそれをやってきた自負がある。

 

もしかしたら、今私は手を抜いているのではないか

と自問自答する機会をいただいた)

 

 

高野さんのお話

続いて

 

思考力→思考回路

 

「自分自身がリーダー」

 

どうあらねばならないか
自分自身の存在(あり方)

ロボットにはできないこと

心に寄り添う

当たり前のレベル
何のために仕事をするか
どうお役に立てるか
何を届けるべきか

 

誰しも、クレームは嫌ですね

しかしながらクレームを厳しいアドバイスと、

捉えたらどうか?

 

自分たちが気付かないことを
お客様が言ってくださった(しかも無料で!)

 

クレームは多いと困る
アドバイスは多い方がいい

 

思考回路

マイナスをプラスに

 


(そういえば0→1ビジネスは
TSLの開講
新規開拓の設立とやってきた)

 

AIにはない

 

夢をみる力
想像する力

 

人生設計
夢をみる
どういうデザインで
人生を設計するか

 

自分の行き先を決めるのは誰?
どうあるべきか?

QPMI
Q クオリティ クエッション
P パッション パーソン
M ミッション
I イノベーション 

・・・

 

 

沢山の学びを得た。

とっても充実した時間を過ごさせて頂きました。

 

ありがとうございます。

 

16年間

お顔が変わらない人は珍しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

高野登さんとのご縁に感謝します。

 

これからも変わらない高野さんでいてください。

これかも末永くよろしくお願いします。

 

2回にわたってご登壇くださり、

心から感謝申し上げます。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

今日の一言

『世のため人の為に尽くすと決めた人の心意気はいい顔をつくる。

生き様は顔にでる。良き生き方を選択しよう。』

-モノの見方考え方

セミナー開催情報