朝倉千恵子オフィシャルブログ

『臨終定年―人生後半の生き方』

先日、田中真澄先生の講演会に参加させて頂きました。

 

参加できて直接お話が聴けて

本当に良かったです。

「最後の講演会」の案内を拝見し、
これは絶対に行かなくては。。。
とスケジュールを調整し参加させて頂きました。

生き方の基本
いかに生きるか

 

田中真澄先生がなぜ8000回の講演会
40年間お仕事ができたのか?

 

テレビやラジオ、新聞にも出ていないにもかかわらず
なぜ熱烈なファンがいるのか?

 

私も14年ぶり?
もしかしたら16年ぶりかもしれません。

 

講演会に参加

 

変わらぬ姿勢に感銘を覚えました。

田中真澄先生は現在82歳

しかしながら
全く年齢を感じることのない
ハツラツとしたイメージ

 

1時間40分、ノンストップでお話しされました。

 

人生100年時代
いかに生きるか
いかに働くか

 

定年まで頑張ればいいという時代ではなくなった。

 

定年後の人生も長く続く

どう人生設計をするか?

 

依存型の人生か
自立した生き方か

 

ここもとっても大事

生涯現役
終身現役

 

40代で現役を卒業する

すると、まだ若いからこそ
その先の人生をもっともっと真剣に考えることになる。

 

守りの人生で終わるか

攻めの人生を満喫するかですね。

 

その後、田中真澄さんの書籍を

拝読させて頂きました。

 

直筆のサインを頂きました。

 

大切にします。

 

 

『臨終定年―人生後半の生き方』

 

 

一気に読ませていただきました。

 

 

以下、アマゾンの紹介文です。


人生哲学の集大成!
人生100年時代!
「終身現役」の真髄を説く、渾身の書き下ろし!


 

こちらからご購入いただけます。

https://www.amazon.co.jp/%E8%87%A8%E7%B5%82%E5%AE%9A%E5%B9%B4%E2%80%95%E4%BA%BA%E7%94%9F%E5%BE%8C%E5%8D%8A%E3%81%AE%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%96%B9-%E7%94%B0%E4%B8%AD-%E7%9C%9F%E6%BE%84/dp/4827602441

 

 

熱誠講演を聴かせて頂き、

書籍も読ませて頂きました。

 

ありがとうございます。

 

モチベーションスピーカー

映像を観せたり、パワーポイントなどを使う講演会ではなく

マイク一本

 

ホワイトボードや黒板を使って

身一つで講演をなさいます。

 

この田中真澄先生の講演会に刺激を受けた結果

 

私も17年前はパワーポイントや

映像を使っていましたが、

一切やめました。

 

電源が切れても何が起こっても大丈夫

 

マイク一つ、声一つ

身一つで講演ができる

 

このスタイルは継承させて頂ければと思います。

 

82歳

生涯現役

 

素晴らしいです。

終身現役の人生をどう生きるのか?

 

書物でも講演会でもとっても印象に残ったのは

「心構えは毎日ゼロから繰り返し、磨き直さなければならない能力です。

だからこそ毎日良き習慣を持続することが大切です。」

というお言葉です。

 

良き習慣を身につけること

それを持続することの意義をとっても

感じました。

 

「人生はご縁で決まる」

「積極的に生きる姿勢」

「情熱」

 

一日は一生の縮図

全力で今を生きます。

 

田中真澄先生

ありがとうございます。

 

今日の一言

『地道にコツコツ泥臭く。。。生きていきたい。』

-書物からの学び

セミナー開催情報