朝倉千恵子オフィシャルブログ

ああ、勘違い?!上司と部下の関係 〜自分本意か相手本意か〜

上司と部下の関係

その関係を勘違いしていると
よく耳にする

①のタイプ
上司とは…意見をぶつける相手
部下とは…意見に従わせる相手

②本来は
上司とは…意見を聞いて頂ける相手
部下とは…意見を出して頂ける相手

これを見てわかるように、
主観が
①は…自分
②は…相手と、
いうことがわかります。

同じ言葉(上司・部下)でも意味に相違が見られます。

同じ言葉を話しても
相手により捉え方が違うのは、
主観がどこにあるのか?が
重要になります。

なかなか話が噛み合わない方などは、主観が自分の方が多い・・・

とあるコンサルタントの先生が
語ってくださった

この言葉

本当にそうだなと思います。

自分本意か
相手本意かですね。

部下のやる気に一気に火を付ける
部下のやる気に一気に水をかける

なかなか
組織やチームで結果が出ないのは

案外、上司の問題が大きい

メンバーを変えずとも

リーダーが変わることで
ビックリするほど結果が変わる

時にそれが
研修などの外部講師の力によって
大きく変わることもある

正しい導き方か
歪んだ引っ張り方か

答えは事実にある・・・

部下も十人十色
上司も十人十色

賢い部下は上司も動かす
愚かな部下は上司の揚げ足を取る

正論の主張の仕方を間違ってはならない

相手に嫌な感情を持たれることで
得をすることはない

言葉の使い方
言葉の選び方で

上司がカチンと来たり
部下が大きく傷ついたり・・・

傷つけている方はわからない

発する言葉は、本当に大事です。

反省
反省
反省

売り言葉に買い言葉

感情的になって発した言葉も
消えないことを忘れず・・・

反省
反省
反省

いっぱい後悔しています。

今は
かなり発する言葉に気を付けるようになりました。

やはり発した言葉は相手に間違いなく残ります。

言葉の持つ力は大きい

嫌味な一言
皮肉な一言
捨て台詞

それを言ったらおしまいよ・・・

なんの得にもならない

自分の感情も
それでおさまるかというと

意外と違う

私もあります。

言葉で相手を無意識で傷つけたこと・・・

反省
反省
反省

 

今日の一言
『発する言葉に気を付けよう!
希望と勇気がわく。
そんな前向きな言葉を選ぼう。』

 

-モノの見方考え方

セミナー開催情報