朝倉千恵子オフィシャルブログ

一言添える思いやり 〜思いは形にしないと相手には伝わらない〜

お店で飲食をした後の一言って
とっても大事であると
より深く気付いた出来事をお伝えします。

今朝
出張先のホテルにて
朝食をとりました。

その際
とても感じの良い対応をしてくださる方がいました。

そうですね。
年齢的には70代を優に越えている

おふくろの味を思い浮かべられるようなイメージ

もしかしたら
この方が作ってらっしゃるのかな?
と思いました。

私が席につこうとすると

「窓側も空いていますから
是非どうぞ
見張らしもいいですから・・・」

とお声をかけてくださいました。

「いっぱい食べてくださいね。
お客様がたくさんお見えになったので
少なくなっているものもありますが
是非いっぱい食べてくださいね・・・」

と。

バイキングなのですが
すべて手作りだなと
思えるような

なすの煮浸し
野菜の天ぷら
青菜のお浸し
カボチャ煮など

すべて
手をかけて
作っているなと
一瞬で思いました。

お料理のお味もよく
年齢層の高いご夫妻も
何度もお代わりされていました。

きっと薄味が味覚に合うのかなと
思っていました。

食事を終えて
席を立たれた際に

その女性の方が
100%おっしゃっていた言葉がありました。

それが下記の言葉

「また是非来てくださいね」
「また是非来てくださいね」

この一言を
言われたら

やっぱりまた必ず来たい

私なら思います。

事実、そう思いました。

「ありがとうございました。
お気をつけていってらっしゃいませ」
という言葉を
朝食会場に
お越しになられたサラリーマンにかける
様子は比較的よくあります。

しかしながら
「また是非来てくださいね」

は、なかなか
ホテルの朝食会場では耳にしない

「また是非来てくださいね」

って良い言葉です。

また是非来てくださいね
また是非会いに来てくださいね
また是非ともお越しくださいね

って良い言葉です。

一言添える思いやり

やっぱり
大事です。

人の心に残る
一言を発せられるかどうかも
大事だなと思いました。

 

今日の一言
『一言添える思いやりはとても大事。
思いは形にしないと相手には伝わらない。
愛ある一言を発したい。』

-思いやり

セミナー開催情報