朝倉千恵子オフィシャルブログ

心に深く残る熱い三日間 〜大阪営業力強化セミナー 2018 〜

朝倉千恵子です。

 

心に深く残る熱い三日間が終わりました。

 

今回の研修も本当に学び多き機会でした。

ありがとうございます。

 

以下

三日目の様子を安福俊哉がまとめました。

 

ご覧頂ければ嬉しいです。

 

 

こんにちは。

名古屋支店の安福俊哉です。

 

昨日、暑い暑い大阪で開催された

「大阪営業力強化セミナー」第16期

3日間が終了致しました。

 

最終日の様子の様子をお届け致します。

(明日、番外編もありますので、ご期待ください)

 

※1日目、2日目の様子はコチラよりご覧ください。

「大阪営業力強化セミナー」第16期 1日目

「大阪営業力強化セミナー」第16期 2日目

 

セミナースタートは、午後2時ですが、

本日も1時間前から会場に到着されて

開場を待っている受講生が多くいました。

 

開場と同時に、

全員で、基本動作や応酬話法の自主練習を行っている姿を見て

この3日間で、

必ず何かを得て、自分自身の成長につなげたい。

会社代表として、派遣されたからこそ、その期待に応えたい。

という、皆様の熱い想いがこちらにも伝わってきました。

 

誰かが引っ張っていくのではなく、

お互いに声を掛け合いながら、

研修開始までの時間、1分も無駄にしたくない。

そんな緊張感ある雰囲気でした。

 

最終日に向けて、

気持ちが高まってきたところで、

いよいよ最終日のスタートです。

 

冒頭、朝倉、牧野の両講師より

最終日に対してのメッセージがありました。

 

自分の上司は自分。

自分が上司なら自分を部下として採用するか。

上司は、どんな想いで、

皆さんを会社代表として、このセミナーに派遣をしたのか。

この最終日の4時間、どのように過ごすのか。それは皆さん次第。

必ずやり切って欲しい。

 

そんな熱いメッセージに、

セミナー会場が、これまでの2日間とは違う、

緊張感に包まれた、凛とした空気感に変わりました。

 

この2日間の学びを振り返りしながら、

体得したスキルを更に高めていきます。

 

人は「応用力」に入った瞬間に「我流」に戻る。

だからこそ、「基礎」が重要になり

「基礎」ができるからこそ、「応用」を身に付けることができる。

セミナーで何度もお伝えしている「ABCD法則」の重要性を

今一度お伝えしました。

 

そして、第二講師の牧野紀子の「観察力」のセッションです。

相手とのコミュニケーションをよくする

感じがいいな。もっと話を聞きたいな。と思ってもらうには

相手をよく知る、観察する力は必須です。

 

日頃より、「変化」「違和感」に気付くことができるのか。

普段の皆さんの「観察力」が試されるセッションです。

昨日と何が違うのか。

普段から、「変化」「違和感」を意識しなければ気付くことはできません。

一般的に男性より女性の方が感性があると言われています。

ですが、

人の変化に敏感になれば、

表情の変化に気付くことができて、

空気の変化を感じることができる。

日々、トレーニングすることで、この「観察力」は強化することができる。

 

そんな、牧野の言葉に、私自身、男性として

もっとこの「観察力」を強化していかなければいけないと感じました。

 

 

そして、いよいよ最終審査です。

 

これまで学んできたことの集大成です。

どんな自分になりたいのか。

自分という人間を「商品」として考えたら

誰もが、営業職ではないでしょうか。

 

私たちが、一番お伝えしたいこと、

それは「あなたから買いたい!あなたがいたから」と言われる自分になることです。

 

その為には、何が必要なのか。

 

挨拶、笑顔、お辞儀、表情といった立ち居振る舞い

人とのコミュニケーションをよくする「観察力」など

すべて、このセミナーでお伝えしてきたものばかりです。

 

朝倉より

「やり切って欲しい」「見たいのは皆さんの変化度」

熱いメッセージがありました。

 

今回は、28名中、22名が最終審査の経験者ということで

新たな最高記録が出るのではないかという期待感がありました。

朝倉より、「経験者が多いからこそ、合格タイムは9秒」と発表があり、

「この皆さんなら絶対達成できる」。

私もそう思いました。

 

この最終審査で求められるものは、

とにかく全力で取り組み、殻を破ること。

1人ひとりがリーダの自覚を持つこと。

チームで一致団結することです。

 

自分自身が、究極の修羅場の中、

逃げるのではなく、挑むことができるのか。

 

さまざまな要素が、シビアに求められる審査です。

 

 

3日前、初めて会ったにもかかわらず

このセミナーという時間を共有したことで

得た仲間としての一体感。

 

セミナーの集大成としての最終審査に臨む姿は

何度その場にいても、心に響くものがあります。

その雰囲気に後押しされるように

朝倉も、必死に言葉をかけて、合格を勝ち取るように激励します。

 

リーダーは審査初めての方が指名されました。

経験者が、チームを引っ張り、

リーダーを、全員で応援し、

合格しようと真剣に審査に挑む姿は、

何度も立ち会っても、グッとくるものがあります。

今回の審査では、

7班中、2班がタイム合格となりました。

 

残念ながら、不合格となってしまった班もありましたが、

やり切ったという表情

悔しさを前面に出す姿に

結果だけではない、それぞれに得るものがあった

最終審査だったと感じました。

 

 

セミナー最終日、終了が近づき

最後に「自社PR」「応酬話法」を行いました。

会社代表として、自社をどれだけPRできるのか。

どんな断り文句にも、ひるまず切り返していく。

朝倉から

「チャンスの女神は前髪しかない」

「仕事に遠慮はいらない」

自ら前に出ることの大切を、このセミナーではお伝えしてきました。

まさに「営業力強化セミナー」の集大成の内容でした。

 

 

わずか12時間で、

自信あふれる表情に変化された皆さん。

 

私自身、運営に携わらせて頂き、

多くのことに気付き、学ぶを頂きました。

 

しかし、朝倉や牧野が

セミナー中何度もお伝えしていることは、

「自分で行動するか」

「実践していけるか」ということです。

 

 

このセミナーで得た、感じた自分自身の変化の「兆し」

会場を出た後に取る行動は

それから「逃げる」のか。

それとも「挑む」のか。

選択するのは皆さん自身です。

 

そんな両講師からの熱いメッセージともに

熱い「大阪営業力強化セミナー」第16期 3日間の

全カリキュラムを終了しました。

 

参加された皆様のこれからのご活躍を

朝倉、牧野、そして私どもスタッフ一同

心より願っております。

 

熱い3日間、本当にありがとうございました。

 

ブログ読者の皆様も

是非、この熱い、心に響く「営業力強化セミナー」に

ご参加下さいませ。

 

これまで気付かなかった自分自身に

出会うチャンスです。

 

「九州営業力強化セミナー」in熊本

「名古屋営業力強化セミナー」第14期

 

 

今日の一言

『努力は嘘をつかない。練習は裏切らない。

最初から上手い人などいない。反復のその先にこそ上達がある。』

-セミナー・講演会レポート

セミナー開催情報