朝倉千恵子オフィシャルブログ

「大阪営業力強化セミナー」第16期 2日目

ブログ読者の皆様、こんにちは。

「大阪営業力強化セミナー」第16期 2日目の様子を

名古屋支店 安福俊哉がお伝え致します。

 

1日目の様子はこちら

 

1日目の終了時、

「2日目は、セミナー会場を13時に開場致します」と

お伝えしました。

 

開場前から、多くの受講生が集合されていて

午後2時のセミナー開始の

1時間前から、練習を行っていました。

 

この時点で、9割の方が会場入り。

毎年の光景ではありますが、ここまでの熱気は

過去になかったのではないか。と私自身感じました。

 

午後2時 「大阪営業力強化セミナ」第16期 2日目がスタート。

 

本日より、2名の方が参加されました。

冒頭、自己紹介をして頂きました。

写真左)古谷さん 「大阪営業力強化セミナー」第1期生 地元開催に定期的に受講

写真右)山下さん 大阪・名古屋営業力強化セミナー 今回で16回目の受講

 

お二人とも、これまでの受講の歴史をお話ししながら、

この研修に対しての想いを熱く語られていました。

受講経験者の言葉が会場の空気感を更に熱気あるものにしていました。

 

 

朝倉がいつも

「大切なことは、めんどくさい」と言います。

仕事も同じだと思います。

自分自身の仕事へのこだわりと言えるかもしれません。

 

「これぐらいでいいだろう」

「誰も見ていないからいいだろう」

 

どんな仕事も手を抜かず行う。

まさに

A:あたりまえのことを

B:バカにしないで

C:ちゃんとやる

D:できる人

これが求められています。

 

所作一つ、徹底して行う。

「微差が大差を生む」ことの大切を

このセミナーでは何度もお伝えし、体得していきます。

 

 

仕事の3要素とは何でしょうか?

それは、「品質」「納期」「コスト」です。

どんな業種業界でも共通していると思います。

 

頭に入れて、常に意識して行動するのか。

全く考えず、自分勝手に行動するのか。

 

当然、結果は大きく異なります。

 

暗記のポイントは

「リズム」で覚えること。

 

暗記も体得。

体を使って、リズムで覚えていきます。

初めての経験で、皆さん楽しみながら学んでいました。

 

 

部下が上司から信頼を得ることのできる

一番の道は何でしょうか?

 

それは「報告の回数」です。

報告をする事により、信頼を得ることができる。

ビジネス用語では、「権限」を得ることができます。

 

「権限」を手に入れることができれば

自分の裁量で仕事を進めていくことができます。

 

部下が上司に報告することは、義務である。

 

仕事の最終責任は、社長がとる。

であれば、思い切って任せられた仕事を全力で取り組むこと。

 

会社代表として、学びに来ている方々は、

何をこの研修ですべきなのか?

何を学び、自社に持ち帰るのか?

今一度、考えて取り組んで欲しい。

朝倉の言葉からは、企業経営者としての

強い想いが伝わってきました。

 

 

そして第二講師の牧野紀子より

「ラポール」についての説明がありました。

「ラポール」とはフランス語で「親愛と信頼の絆」と言われています。

営業として、また一社会人として

コミュニケーションをとっていく中で、

この「ラポール」はとても重要なポイントになってきます。

 

では、その「ラポール」はどのように作り上げていけばいいのか。

重要なポイントは「語彙力」の強化です。

お客様とのコミュニケーションをよくするために、

必要な「語彙力」の重要性をセッションを通じて体感して頂きました。

 

 

 

このセミナーは、常に振り返りを行い、

体得すべき重要なポイントを繰り返し行い、習得度を上げていきます。

今回は昨日行った、番号セッションを再度行いました。

やり方を変えても、昨日最高記録を達成したメンバーです。

結果は当然ですが、短時間で目標を達成しました。

体得したことは、忘れないという大切なことを体感して頂きました。

 

 

お客様から言われる「断り文句」はどの業種業界にもあります。

このセミナーは、様々な業種の方々が一緒に学ぶ「他流試合」。

普段の仕事では知ることが出来ない

他業界の「断り文句」を共有することで、新たな価値を手に入れていきます。

 

営業として、また仕事で交渉などする際、

どんな言葉が来ても、ひるまず切り返す。

この「営業力強化セミナー」の一番の醍醐味、

「応酬話法」について、重要なポイントをお伝えしました。

学んだ内容を、

すぐに、自分の仕事に置き換えて、「応酬話法」の作成。

繰り返し何度も何度も作りこみをしていきます。

 

 

「え、これが100円」

この言葉は、ブログ読者の方なら、よくご存じの方もいらっしゃると思います。

喜怒哀楽を表現することの大切さ。

普段の業務では、忘れてしまっていることかもしれません。

どこかで、無意識にブレーキをかけてしまっていることはないでしょうか。

 

思っているだけでは伝わりません。

想いを視覚情報で伝えていくことは、

コミュニケーションをよくする大切なポイントの一つです。

 

 

 

この「大阪営業力強化セミナー」第16期の

喜怒哀楽チャンピオンは平井さんでした。

(チャンピオン 平井さんの、勝利者インタビューです)

 

最後に、「応酬話法」のポイントを

第二講師の牧野紀子と運営の中林寛貴による

ロールプレイングでお伝えしました。

 

 

どんな「断り文句」にもひるまず切り返す。

重要なポイントを習得することは、

鎧を身に付けて戦うことができます。

このセミナーで、ぜひ皆様に体得して頂きたいスキルです。

 

内容の濃い2日目もあっという間に4時間が終了。

 

受講生からも、「2時間経ったと思ったら、もう終了時間だった」という

声も聞こえてきました。

 

いよいよ、今回の「大阪営業力強化セミナー」第16期も

残すところ、最終日の4時間。

 

この暑い大阪での最終日、

どんなドラマが待っているのか。

詳しくは、明日のブログでご紹介いたします。

 

 

----------------------------------------------------------------------------

次回開催は…!名古屋開催、第14期開催決定です!

 

【名古屋営業力強化セミナー 第14期】

開催日時:

2019年5月3日(金)、4日(土)、5日(日)

3日間、すべて14:00~18:00

 

今回ご参加できなかった皆様もぜひご参加お待ちしています!

 

詳細はこちら!

----------------------------------------------------------------------------

-セミナー・講演会レポート

セミナー開催情報