朝倉千恵子オフィシャルブログ

何事も、自分が深く考え思うことが大切だということ

数年前に社員に送ったメールです。

「思考」

文字通り思いが先

思うことが先で
考えることが後

思うことは心でしかできない
考えるは頭レベル

強い意志や決意

納得できなければ考えないし
実行しようとは思わない

激しくて強い
できると言う思い込み

この根拠のない思い込みが
人を突き動かす

できると思わなければ何事もできない

やる前から諦めるな

チャレンジすることを決めて
公言すれば
大きなプレッシャーが生じる

それでも突き進む

言葉に出すと誰かが聞いている

できなかったらどうしよう?
という不安もあるかもしれない

しかしながら

できるまでやろうと
考えたらどうだろう?

どうすればできるのか?
どうすれば解決できるのか?

どうすればうまくいくのか?
どうすれば相手が耳を傾けてくれるのか?

「どうすれば?」
思考は常にプラスでいきたい。

思いだけでは絶対に成功しない
その後の具体的な計画

そして実行力

激しい思いがあってこそ
計画も行動もある

絶対にできる
できると思い込む

絶対にできると思う起爆剤
これが魂を突き動かす

「人間は誰でも、本来
何事をも、自分が深く考え思い、
考えた通りに成すことができる。

自分がもしできないと思えばできないし、
できると信念すれば、何事をも成すことができる。

つまり、すべて自分が
自分自身に課した信念の通りになる」

中村天風師の言葉

平成9年(35歳)の時
三重県津市に出張した際
小さな書店の店主の奥様から
中村天風さんの書物を紹介された

そしてその世界に触れた

成功も失敗もすべて自分の心の中にある。

成長したい・成功したいという
強い願望がなければ
何も成すことはできない

我が社は第二創業期に入った

経営者も進化しなくてはならない

成長拡大を目指す!

愛する社員と共に
次のステージを目指す!

『哲学は実務から生まれる。
何もしなければ何も生まれない。』

********

改めて読み返してみました。

果たして私は経営者として
どう変化し、進化したのか?

これからの未来を真剣に考える

まだまだできる
もっともっとやれる

これからだ。

何が何でもやり抜くと言う思いを持ち続け

ぶれない軸と信念を持って事に挑む

精一杯に今を生きる

何が起こってもおかしくない時代

だからこそ
一日は一生の縮図と捉え
全力投球で歩む!

 

今日の一言
『思考は現実化する。
想像した通りに人生が構成されるなら、
プラスで明るい未来を思い描きたい。』

-モノの見方考え方

セミナー開催情報