朝倉千恵子オフィシャルブログ

朝倉千恵子新刊「仕事も人生もうまく行っている女性の考え方」

沈黙の切り抜け方[教えて!ちえこ先生!Vol.22]

こんにちは!

朝倉千恵子です。

 

「教えて!ちえこ先生!」本日のテーマは

沈黙の切り抜け方

です。

 

 

 

■本日の質問

 

人と会話をすることが苦手です。

特に会話の途中で互いに無言になってしまったとき、
沈黙してしまったときにどうすればいいか分からなくなります。

 

なんとか間を持たせようと話を振ったりもするのですが
空回りしているようにしか思えません。

 

朝倉先生は、このような沈黙の場面では
どのような対応をしていますか?

 

(30代女性 トラジさんより)

 

 

今回は、私の体験談を1つお話させていただきました。

 

営業時代、さまざまなお客様とお会いさせていただく中で

中には寡黙で、こちらが話していることに全く反応がないような方も

いらっしゃいました。

 

あるとき、私はこんなことを聞いてみたのです。

 

私の話は面白くないですか?

 

すると、相手はこう答えました。

いや、面白いです!もう少しお話してもいいですか?

 

 

このとき、初めて相手に反応がありました。

 

つまらないから黙っているのか、

ただ相手も話すのが苦手でシャイなだけなのか、

踏み込んで聞いてみないことには分からなかったのです。

 

ちえこ先生のポイント

 

①本音でぶつかってみないと分からない!

この出会いをたった1度きりのものにするのか、次に繋げられるものにするのか。

 

表面的な形だけの会話を続けるのではなく、

相手の懐に飛び込む努力、本心を伝える勇気も

必要ではないでしょうか?

 

②事前準備が大切!

話すのが苦手、ということであれば

事前に話す内容、質問内容を考えてメモしておく方法もあります。

 

「質問してよろしいですか?」と前置きをして

紙を見ながら会話を進めていっても良いでしょう。

 

何事も段取り。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

▶Youtubeで見る

https://youtu.be/7UqVM1yAqms

 

いかがでしたか?

 

待つ身にならないこと

沈黙を恐れないこと

 

是非とも自分から積極的に声かけを。

一回一回の面談

一生に一度の大切な時間共有です。

 

是非とも価値ある時間にしてくださいね。

 

また、ちえこ先生のTwitterアカウントができました!

こちらも是非フォローをお願いします!

https://twitter.com/chieko_sensei

 

今日の一言

「人は一人では決して生きてはいけません。

縁ある人を大事にする。奉仕・貢献の心を忘れず日々精進あるのみ!」

-教えて!ちえこ先生!

セミナー開催情報